Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の誤送信対策機能を標準搭載したファックスサーバ - ハンモック

ハンモックは、誤送信対策機能を標準で搭載するファックスサーバ「RightFax」の最新版を発売した。

同製品は、パソコンで作成した文書を直接ファックス送信したり、受信した文書をPDFなどに変換、配信する機能を備えたファックスサーバ。従来は、誤送信対策製品を機能ごとに複数用意し、顧客のニーズに合わせて提供してきたが、今回の機能強化版では、これら複数の誤送信対策機能を標準で搭載した。

送信するユーザー以外の承認者から承認を受けることで初めて送信を可能にする「承認ワークフロー」や、あらかじめ登録されたファックス番号にのみ送信を許可する機能を搭載。これらの機能は既存のファックス機器においても利用可能で、メールソフトとの連携も可能。

また2008年夏には、承認ワークフローをさらに強化した「RightFax FAX承認ワークフローモデル」の販売を予定している。送信の承認ができる権限者を複数登録できるほか、承認依頼をメールで通知する機能や、未登録の相手へ送信した場合に承認者へ警告する機能なども追加されるという。

(Security NEXT - 2008/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
日立ソ、「活文 Enterprise Mail Platform」をクラウドで提供
「活文Enterprise Mail Platform」に添付ファイルやHTMLメールへの対策機能
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加
NTTソフト、メール誤送信対策ソフトの新版 - 確認操作の「慣れ」対策も
キヤノンITS、タイの日系企業向けにメールセキュリティサービス
「指さし確認」しないとメールを送信できない誤送信対策ソフト
ダウジャパン、メールセキュリティのアプライアンス - 添付ファイルの拡張子偽装検査にも対応
CITS、クラウド型メールセキュリティに英語版
NEC、メールフィルタリング製品を発売 - PWリスト攻撃の検知機能も