Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けメールシステム「SYNCDOT」をSaaSで提供 - 富士通長野SE

富士通長野システムエンジニアリングは、企業向けメールシステム「SYNCDOT」の主要3機能を、SaaS型サービス「SYNCDOT+」として6月16日より提供開始する。

同サービスは、メール保存サービス「MailKeeperPRO」、ウェブメールサービス「WebMailer」、「ウイルス、スパム対策サービス」の3機能を提供するSaaS型サービス。企業の環境に応じて必要な機能やライセンス数だけを利用できる。

企業向けメールシステム「SYNCDOTシリーズ」の主要機能をSaaS型サービスへ応用した。同社データセンターが24時間365日体制で監視を行うため、システム運用や障害発生時の対応など管理負担が軽減される。

価格は、メールアーカイブサービスが容量100Gバイトの場合で初期費用21万円、月額料金4万2000円。ウェブメールサービスが300アカウントの場合で初期費用33万6000円、月額料金15万1200円。ウイルス、スパムブロックサービスが初期費用10万5000円、月額料金1IDあたり420円。

(Security NEXT - 2008/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など