Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岩手生物工学研究センターのリースPC流出、47台の所在が判明

岩手生物工学研究センターの業務データを含むパソコンが、インターネットオークションで売買されていた問題で、リースPCを回収したアイシーエスは調査状況を発表した。

同社が廃棄業者へ処理を委託した57台のうち47台の所在が明らかとなっており、いずれも知的財産などのデータ流出はなかったという。同社では残り10台の所在確認を急いでいる。また現時点で66人の個人情報が流出した可能性があり、発覚時点で流出の懸念があった270人と合わせて書面で謝罪した。

(Security NEXT - 2008/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
治験データ8300件が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
サイトに不正アクセス、相談者のメアド2.6万件流出か - JETRO
中学校の廃棄HDD、ネットオークションで流通 - 美濃加茂市
持ち帰り個人情報がPC売却で流出、10年以上前に - 高島屋
番組グッズ購入者の個人情報が閲覧可能に - FM群馬
体制不備を指摘、事後対応では類似被害防止に貢献 - J-WAVE調査報告書
個人情報含む業務資料を部外者へメール送信 - NEXCO中日本
個人情報含む業務メールを第三者に誤送信 - NEXCO西日本
学会配布の麻酔台帳ソフトに患者情報が混入 - バグ修正時のデータが残存