Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岩手生物工学研究センターのリースPC流出、47台の所在が判明

岩手生物工学研究センターの業務データを含むパソコンが、インターネットオークションで売買されていた問題で、リースPCを回収したアイシーエスは調査状況を発表した。

同社が廃棄業者へ処理を委託した57台のうち47台の所在が明らかとなっており、いずれも知的財産などのデータ流出はなかったという。同社では残り10台の所在確認を急いでいる。また現時点で66人の個人情報が流出した可能性があり、発覚時点で流出の懸念があった270人と合わせて書面で謝罪した。

(Security NEXT - 2008/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
顧客情報含む携帯端末を営業活動中に紛失 - ハナ信組
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構
高校生徒の写真含むUSBメモリが所在不明に - 大阪府
元社員が経営幹部などの求職者情報を持ち出し - リクルート関連会社
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
治験データ8300件が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
サイトに不正アクセス、相談者のメアド2.6万件流出か - JETRO
中学校の廃棄HDD、ネットオークションで流通 - 美濃加茂市