Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ESET NOD32アンチウイルス V3.0」に4種類のライセンス版

キヤノンITソリューションズは、ウイルス対策ソフト「ESET NOD32アンチウイルス V3.0」のライセンス販売を7月1日より開始する。

同社では今回ライセンス体系を見直し、企業向けライセンスをはじめ、教育機関向けライセンス、官公庁向けライセンス、スクールパックの4種類を用意。また従来は付属しなかったクライアント管理ソフト「ESET リモートアドミニストレータ V2.0」を標準で提供する。

同管理ソフトを利用することにより、コンピュータや定義ファイルのバージョン情報を取得したり、ログの収集、レポートの作成することが可能。またリモート操作により、プッシュインストールやウイルス定義データベースの更新を行うことができる。

また今回の発売に合わせ、上位版にあたる「ESET Smart Security」に官公庁向けライセンスを追加した。

(Security NEXT - 2008/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
攻撃グループ「PowerPool」、Windowsタスクスケジューラ狙うゼロデイ攻撃を展開
ESETのエンドポイント用インストーラーに脆弱性 - 最新版の利用を
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
「Google Play」で人気アプリ装うソーシャルエンジニアリング - 開発者名を悪用
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア