Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版サイト「ジャパネットおかま」で購入、ネットオークションで再販した男が逮捕

岩手県警は、オークションサイト「WANTEDオークション」で海賊版ソフトを販売した山梨県内に住む無職男性を著作権法違反容疑で逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、3月から4月にかけて「Just Suite 2008 特別バージョンアップ版」の海賊版を販売していたもので、同県警のサイバーパトロールが出品を発見したという。

海賊版の元となるソフトは、すでに運営者が逮捕されている海賊版販売サイト「ジャパネットおかま」から入手していたもので、海賊版として扱ったタイトルは少なくとも26種類に及ぶと見られている。パソコン3台、海賊版ソフト約200枚などが押収されている。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2008/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
ネットカフェに海賊版OS、経営者らを逮捕
「Office」の海賊版を販売した夫婦を逮捕
「ホームページ・ビルダー」海賊版販売で男性が逮捕
TVドラマを無断複製して販売した元録画代行業者の男性を送致
「Windows 7」の海賊版販売で男性逮捕 - 「Windows XP」のサポート終了に便乗
海賊版「Windows Server」使用で逮捕、仮想サーバ1750台を提供
「Office」の海賊版をネットオークションで販売した男性を逮捕
海外の海賊版販売サイトをブロックする取組、CODAとセキュリティ企業が連携