Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁認証局が9月に廃止、政府ブリッジ認証局との相互認証を解消

金融庁は、政府認証基盤におけるブリッジ認証局との相互認証を9月10日に解消すると発表した。

相互認証解消後は、金融庁認証局から発行された証明書は失効となり、金融庁認証局についても翌11日に廃止となる予定。

金融庁認証局のアーカイブデータは、政府共用認証局において保管され、監査ログや監査報告書は金融庁が保管する。

(Security NEXT - 2008/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性