Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外拠点でも活躍、「安全なウェブサイトの作り方」に英語版 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性対策などウェブサイトの構築時に注意すべき点をまとめた資料「安全なウェブサイトの作り方」の英語版を公開した。

今回公開された英語版資料「How to Secure Your Web Site」は、「安全なウェブサイトの作り方 改訂第3版」をベースに作製されたもので、同機構へ多くの届け出が寄せられる脆弱性や、被害など影響が大きい脆弱性について説明。安全なウェブサイトの構築や運用を支援する。

海外企業へ業務を発注したり、海外の現地法人でウェブサイトを運営する機会が増加している背景もあり、同機構に対して英語版への要望が寄せられていた。

(Security NEXT - 2008/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日テレ、不正アクセスによる情報漏洩で調査報告 - 利用ソフトの開発に落ち度、委託先運用体制にも問題
IPA、安全なウェブサイト構築に便利な資料の第7版 - 失敗例のソースコードも
安全サイトの構築手引書に別冊「ウェブ健康診断」 - 脆弱性有無の判定に便利
IPA、「安全なウェブサイトの作り方」に携帯サイトの注意点を追加
ウェブサイトのセキュリティ指南書、累計250万ダウンロードを突破
IPA、「対SQLインジェクション攻撃」用資料を公開 - 安全なソースコードの書き方を収録
脆弱性含むウェブアプリの失敗ソースコードを勉強できる資料 - IPA
IPA自身も狙われる「SQLインジェクション攻撃」に注意呼びかけ
ウェブサイト脆弱性届出の9割カバー、失敗例も学べる資料 - IPA
「毎日見ているサイトでウイルス発見」 - サイト改ざんにIPAが警告