Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニパーと日本ベリサインがエンドポイントセキュリティ分野で協業

ジュニパーネットワークスと日本ベリサインは、エンドポイントセキュリティの分野で協業した。

今回の協業により両社は、ジュニパーネットワークスのアクセス管理ソリューション「Unified Access Control」と日本ベリサインの認証局構築サービス「ベリサインマネージドPKI」を組み合わせ、両社のパートナーを通じて提供するほか、セミナーやプロモーションなどマーケティング活動を共同で展開する。

ジュニパーのUACソリューション「インフラネット・コントローラ4000/6000」では、本人確認やウイルス対策、ファイアウォール、パッチ管理やアクセス管理などが可能だが、さらに日本ベリサインの「ベリサインマネージドPKI」により認証局を構築し、電子証明書を発行することで、より柔軟で安全なデバイス認証を実現する。

(Security NEXT - 2008/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
PwCあらたなど、医療介護事業者向けセキュリティサービスで協業
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力
ルネサスとESCRYPT、車載ECU向けのセキュリティソリューション
日本IBMとパソナ、セキュリティ教育コンテンツの開発で協業
NRIセキュアとWurldtech、制御システムのセキュリティ対策で協業
DNPとGemalto、IoTのセキュリティ分野で協業