Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スキャン後に復号化が可能、紙媒体の暗号化技術を開発 - 富士通研究所

富士通研究所は、紙媒体や電子データ内の機密情報を部分的に暗号化する新技術を開発した。

同社が開発したのは、電子データや紙媒体の双方において、機密情報など保護したい部分だけを暗号化する技術。従来より暗号化が難しいとされてきた紙媒体についても、画像を細かく区切って位置を入れ替える「画像スクランブル」技術を応用することで暗号化を実現した。

必要な部分だけを暗号化し領域ごとに閲覧権限を設定できるため、ドキュメント内に公開情報と機密情報が混在している場合でも安全に情報を共有できる。同技術は、2008年度内をめどに製品化する計画で、PFUが提供する予定。

ドキュメントの暗号化、復号化のフロー
紙媒体での暗号化を実現。スキャン後に復号化が可能。

(Security NEXT - 2008/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品