Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先のミスにより顧客情報がネット上で閲覧可能に - リンク・プロモーション

中古車の買取、販売を展開するリンク・プロモーションのウェブサイト上で、顧客の個人情報が一時閲覧できる状態だったことがわかった。

閲覧可能な状態となったのは、3月1日から5月17日の間に、同社サイトから問い合わせを行った顧客27人の個人情報。氏名、住所、電話番号、メールアドレス、車両情報などが含まれる。原因は、サイト制作を請け負った業務委託先の作業ミスで、不具合はすでに修正されている。

同社によれば、流出した情報の不正利用などによる被害報告は確認されていないという。同社では、対象となる顧客へ書面で説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
メール送信ミスで講習受講希望者のメアド流出 - 香川大
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
指定低公害車申請受付の案内メールで誤送信 - 東京都