Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

突然「音信不通」も - mixiでチケットや商品販売の詐欺が横行

SNSサイト「mixi」を運営するミクシィは、利用者同士のやりとりから詐欺に巻き込まれるケースが発生しているとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、コミュニティのトピックやメッセージを利用して、コンサートチケットや商品などを販売すると宣伝しながら、購入者が料金を支払っても商品を送付せず、そのまま連絡が取れなくなるといったトラブルの報告が増えているという。

同社は、mixiの商用利用は原則禁止であり、物品販売は規約違反になるとして、知らない人と取引を行わないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
検察庁職員をかたる詐欺 - 電話で偽サイトに誘導して情報詐取
「全国銀行個人信用情報センター」装う偽サイトに注意 - 「自宅に直接伺う」との記載も
検索上位の詐欺サイトに注意 - 正規サイト改ざんで誘導されるケースも200件以上
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
金融機関職員装い電話でワンタイムパスワードを聞き出す詐欺 - 情報収集のケースも
ペット好き狙う詐欺サイト - メモリアルグッズ販売を偽う
「違法画像を見た違反金を支払え、ただしiTunesカードで」 - 警察庁装う詐欺サイト