Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェア対策などセキュリティを強化 - プレイオンライン

スクウェア・エニックスが展開するオンラインゲームサービス「プレイオンライン」は、パスワードの盗難を防止するため、「Windows版プレイオンラインビューアー」のセキュリティ対策機能を6月10日より強化した。

今回のセキュリティ強化で、キーロガー対策として画面上からマウス操作でパスワードなどを入力できる「ソフトウェアキーボード」の利用が可能となった。今までどおりキーボードからの入力にも対応しているが、安全な利用のためソフトウェアキーボードの利用が推奨されている。

またパスワードを管理する「セキュリティ設定」を導入した。従来よりパスワードは、盗難対策として暗号化したファイルで保存しているが、同機能によりランダム性の高い「暗号キー」を利用し、さらに保存先を外部デバイスなどに設定することができるようになった。

(Security NEXT - 2008/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブロッコリー通販サイトでアクセス障害 - ツールによる大量アクセスで
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
「天下一音ゲ祭」の出場者向けメールで誤送信
「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ