Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保安院職員が関係者情報を含む防災用携帯電話を紛失 - 遠隔操作で削除

原子力安全・保安院は、6月7日に同院職員が関係者の電話番号などを記録した防災用携帯電話を紛失したと発表した。

同院職員がJR西日暮里駅で電車を乗り換える際に、網棚へ鞄ごと置き忘れたもの。防災用携帯電話には、関係部署の直通電話や防災関係者の携帯電話の番号、メールアドレスなどが記録されていた。また鞄には所属する同好会の名簿なども入っていたという。

今回の紛失事故で、携帯電話については遠隔操作により利用を停止し、メモリの消去を実施した。経済産業省では、携帯電話携帯時は手元から離さないよう管理徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2008/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員が個人情報資料を一時紛失、飲食店主が発見保管 - 長崎県
防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
県立病院になりすまし電話、研修医の個人情報聞き出す - 新潟県
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市