Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最大3カ月の契約期間延長キャンペーンを実施 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、セキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター2008」の契約期間延長キャンペーンを9月30日まで実施している。

同キャンペーンは、期間中に同製品のパッケージ版を購入し、登録を行ったユーザーを対象に、もれなくウイルスバスタークラブ会員の契約期間を延長するもの。「同1年版」では1カ月、「同3年版」では3カ月延長される。

今回のキャンペーンは、「トレンドマイクロ製品 7年連続シェアNo.1 今なら全員に最大3ヵ月安心延長プレゼントキャンペーン」と題されており、IDGジャパンが実施した調査「国内セキュアコンテンツ管理ソフト売上」において、同社ソフトが7年連続でシェアトップを獲得したことを記念に企画されたという。

(Security NEXT - 2008/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発
トレンドら3社、工場内の脅威可視化ソリューションを提供
病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験