Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月の「SQLインジェクション攻撃」は4月の約3倍 - ラック調査

「SQLインジェクション攻撃」が激化している。5月は過去最悪だった4月のさらに約3倍に達するなど、急激なペースで上昇していることがラックの調査でわかった。

同社が運営するセキュリティ監視センター「JSOC」において検知した攻撃の状況を取りまとめたもの。「SQLインジェクション攻撃」は、2007年3月ごろから増加し、同年中盤に一時期ピークを迎えたものの、その後はやや落ち着きを見せ、2万件から3万件前後で推移していた。

変化を見せたのが2007年3月で、再び増加傾向へ移行し、4月に5万1252件と大台を突破。さらに5月に入って状況は悪化、15万7407件と4月の約3倍を検知しており、2005年以降過去最悪を記録した。

(Security NEXT - 2008/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
2018年4Qの脆弱性届出は93件 - 「ソフト」「サイト」ともに大幅減
約6年前のWPプラグイン脆弱性を狙う攻撃が11月に急増 - 攻撃元IPアドレスは3000件超
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
2018年2Qの脆弱性届出は158件 - ソフトウェア関連が倍増
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増