Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データが残存するリースアップパソコンがオークションに - 岩手県生物工学研究所

岩手生物工学研究センターの業務データを含むパソコンが、インターネットオークションで売買されていたことがわかった。

問題のパソコンは、岩手県生物工学研究所がアイシーエスとリース契約を結び、岩手生物工学研究センターが利用していたもの。3月末にリース契約が満了し、アイシーエスへ57台を返却、同社が廃棄物処理業者に回収を委託し、その際記録媒体については粉砕されることになっていたという。

しかしその後、57台のうち2台をオークションで購入したという盛岡市内の法人から、生物工学研究所にデータが残っているとの連絡があり問題が発覚。同研究所では同法人にデータの消去を依頼し、アイシーエスが確認した。

同研究所が調査を実施したところ、57台のうち少なくともパソコン18台とファイルサーバ1台にはデータが保存された状態で返却されていたことが判明。個人情報や機密情報が保存されており、情報漏洩のおそれがあることから、アイシーエスと廃棄事業者が所在などを調べている。

(Security NEXT - 2008/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀