Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生向け合宿イベント「セキュリティ&プログラミングキャンプ2008」

情報処理推進機構(IPA)と日本情報処理開発協会(JIPDEC)は、22歳以下の学生を対象とした合宿イベント「セキュリティ&プログラミングキャンプ2008」を開催する。

同イベントは、情報セキュリティやプログラミングについて学ぶ合宿イベント。セキュリティ分野における若年層の人材発掘や育成を目的に2004年より開催している「セキュリティキャンプ」の対象範囲をオープンソースやプログラミングまで拡大した。講師には、サイバー大学准教授の園田道夫氏やミラクル・リナックス取締役の吉岡弘隆氏ほか、有識者や業界関係者が参加する。

会場は千葉市美浜区で、開催日程は8月13日から8月17日までの4泊5日。募集人員はセキュリティコース、プログラミングコース合わせて45人となっている。応募締め切りは7月7日必着で、応募用紙は同イベントのウェブサイトよりダウンロードできる。

(Security NEXT - 2008/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
セキュキャン2017の参加者決定 - 3割が地方大会経験者
セキュキャン修了生向けイベント「セキュリティ・コアキャンプ2017」 - 成長の機会を提供
「セキュキャン2017」が参加者募集を開始 - 単一テーマ取り組む「集中コース」も
IPA、「セキュキャン2017」会場の事前確認公募を開始
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催
SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も
学生向け合宿イベント「セキュキャン全国大会」の参加者が決定 - 競争率は約4.5倍
「セキュキャン2016」の参加者募集を開始 - 集中講義を新設
マンガ「サイバーセキュリティのひみつ」の電子書籍版が無償公開