Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

借用証書を別の顧客へ送付、回収できず - 国民生活金融公庫

国民生活金融公庫は、顧客情報が記載された書類を誤って関係ない顧客へ送付したと発表した。

大阪支店において借用証書を、本来送るはずだった顧客とは別の顧客へ誤って発送したもので、法人名や代表者の氏名、融資額、取引番号などが記載されいた。6日の時点で書類は回収できておらず、同公庫では、関連する顧客へ連絡し、謝罪した。

(Security NEXT - 2008/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
医療費受給者証の更新申請書で個人情報を誤記載 - 下関市
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
マルウェア感染で債務者情報が流出か - 新生銀行関連会社
融資関連など顧客情報3.7万件が流出、金銭要求する脅迫メールも - 優良住宅ローン
一部無関係の住所を誤記載したハガキを発送 - 味の素
不正アクセス公表の印刷通販会社であらたにクレカ情報流出が判明
顧客情報記載の商品発送伝票を紛失 - 全国農協食品