Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報約3万3000件を紛失、合併時の事前整理で誤廃棄か - 高鍋信金

高鍋信用金庫の4支店において、顧客情報約3万3590件が記載された伝票が所在不明となっていることがわかった。合併時の書類整理で誤廃棄したという。

紛失したのは、同金庫小林支店、飯野支店、旧真幸支店、上町支店で扱った伝票。約3万3590件の顧客情報が含まれる。伝票の種類によって異なるが、おもに氏名、住所、電話番号、口座番号、取引金額、生年月日などが記載されていた。

今回の紛失は、一斉点検により判明したもので、2005年10月17日の旧西諸信用金庫と合併した際に、誤廃棄した可能性が高いという。同金庫によれば、情報の不正利用などの報告もなく、情報が外部へ流出するおそれは低いと説明している。

(Security NEXT - 2008/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
申請書などを保管期間満了前に誤廃棄 - 港区
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市
20年の保存期間が残存する倉庫関連登録書類を誤廃棄 - 国交省
市営住宅の家賃領収済み通知書を誤廃棄 - 下関市
阪神淡路大震災関連の寄託書類を誤廃棄 - 三菱倉庫
「自動車重量税納付書」を保管期限前に誤廃棄 - 国交省
自動車重量税納付書を誤廃棄 - 国交省