Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

深刻度「緊急」3件含むセキュリティ更新プログラム7件を公開予定 - MS

マイクロソフトは、6月の月例セキュリティ更新プログラムについて公開予告を行った。深刻度「緊急」3件を含む7件のプログラムを11日より公開する予定だ。

深刻度が「緊急」とされる脆弱性は、「Internet Explorer」をはじめ、「Bluetooth」「DirectX」に関するもので、いずれも外部からコードを実行されるおそれがある。

また重要とされる脆弱性も3件で、「WINS」「Active Directory」「PGM」など特権の昇格やサービス拒否の問題を解決する。残る1件は「Kill Bit」に関連する脆弱性。深刻度は「警告」だが、リモートでコードが実行されるおそれがある。

2008年6月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-jun.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
Intelのリモート管理機能に複数の脆弱性 - リモートからコード実行のおそれ
複数の深刻な脆弱性へ対処した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート
「Samba」に複数の脆弱性 - 早急にアップデートを
トレンドの「InterScan Web Security」に脆弱性 - ホットフィクスがリリース
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 「IE」や「Edge」同梱版は早急に更新を
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も
「Adobe Acrobat/Reader」が再アップデート - 不具合や脆弱性への対策で
脆弱性指摘受けた「Foxit Reader」、25日にパッチ公開予定
「Adobe Experience Manager」に脆弱性、修正パッチがリリース