Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マンションの顧客情報含む書類が所在不明に - コスモスライフ

コスモスライフが管理する東大阪市内のマンションにおいて、住民情報を記載した書類が、所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっている書類には、住民情報154件が含まれ、氏名や入居マンション名、部屋番号、管理費などの支払い状況など記載されていた。

同社は、5月14日に同マンションの管理事務室へメール便で発送したが、22日になって事務室から連絡があり、書類の未着が判明。運送を請け負ったヤマト運輸は、15日にポストへ投函したと話しているという。

同社では今回の事態を受け、6月1日に警察へ被害を届けた。情報の不正利用など、二次被害の報告は受けていないという。同社では関連する顧客に対して、事情の説明と謝罪を順次行う。また重要書類の受領状況を確認するシステムを検討するなど再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2008/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アプリ更新の案内メールで誤送信、メアド流出 - 博多港ふ頭
組織間の配送過程で介護保険関連資料が所在不明に - 大阪市
メール誤送信で災害報道関係者のメアド流出 - 内閣官房
保険料口座振替依頼書を紛失 - 愛知県内農協
クレカ売上票が運搬過程で所在不明に - 岡山の旅行代理店
関係ないメアドがCCに、不具合が原因と説明 - 京大生協
イベント案内メール誤送信でアドレス流出 - 福岡市
配送中に個人情報含むPCが所在不明に - 三菱地所グループ会社
高校生徒の個人情報をメールで誤送信 - 埼玉県
テストメール誤送信で職業訓練生のアドレスが流出 - 帝京大