Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリ経由で感染する「MAL_OTORUN1」のまん延、依然収束せず - トレンドマイクロレポート

トレンドマイクロによると、USBメモリ経由で感染する「MAL_OTORUN1」が4カ月以上の長期にわたり猛威を振るっているという。同社ではUSBメモリのセキュリティ対策を実施するよう求めている。

トレンドマイクロが、5月に同社へ寄せられたウイルスの感染被害報告や不正プログラム調査結果を取りまとめ、判明したもの。USBメモリ経由で感染を広げる「MAL_OTORUN1」が4カ月連続で1位となった。

同社によれば、5月の被害報告数は3167件で4月の3450件から減少。しかし4カ月連続で1位となった「MAL_OTORUN1」は報告件数150件で、2位の「JS_IFRAME」38件から突出しており、引き続き警戒する必要がありそうだ。

同ウイルスはUSBメモリのオートラン機能を悪用するが、設定ファイルを削除してもメモリ内にワーム本体が残っていると、ほかのパソコンに接続することで再び設定ファイルが作られる可能性がある。そのため、同社では、USBメモリをセキュリティ対策ソフトで手動検索し、設定ファイルとワーム本体を削除するよう呼びかけている。

また、ハニーポットシステムによる不正プログラムの収集状況を見ると、延べ数およびユニーク数いずれもトロイの木馬が最も多く収集されている。5月に新しく対応したウイルスの中では「TROJ_DLOADER」が9位にランクインするなど、先月活動が目立ったアドウェアに代わってトロイの木馬の活動が活発になっている。

同社が発表した5月のウイルス被害報告数ランキングは以下の通り。

1位:MAL_OTORUN1
2位:JS_IFRAME
3位:MAL_NSANTI
4位:TROJ_VUNDO
5位:BKDR_AGENT
6位:TSPY_ONLINEG
7位:WORM_NETSKY
9位:TROJ_VB
9位:TROJ_DLOADER
10位:TROJ_JPGEMBED
10位:HTML_BAYFRAUD
10位:TROJ_FINEART

(Security NEXT - 2008/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に