Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール誤送信で氏名とアドレスを流出 - 新宿文化・国際交流財団

新宿文化・国際交流財団においてメールの誤送信が発生し、同財団が主催した公演の来場者667人の氏名とアドレスが流出したことがわかった。

誤送信が発生したのは、同財団主催の公演会場でアンケートに協力した来場者に対し送信したイベントの案内メール。宛先を誤って「宛先」欄に入力して送信し、送信の対象者667人の氏名やメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同財団では事故の発生を受け、対象者にメールで謝罪するとともに誤送信メールの削除を依頼した。また再発防止に向けたチェック体制が確立されるまで、イベント案内メールの配信を中止するという。

(Security NEXT - 2008/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会