Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セール案内メール誤送信で顧客のアドレスを流出 - ハイパーコンセプション

コンピュータや通信機器の販売を展開するハイパーコンセプションは、顧客向けの案内メールを配信した際、誤ってメールアドレス829件が流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、5月27日に配信された顧客向けの特価情報メール。担当者が誤って宛先にメールアドレス829件を記載して配信したことから、受信者本人以外のアドレスも閲覧できる状態となった。

メールを受け取った顧客からの指摘で判明。同社では対象となった顧客に対し報告と謝罪し、今後の対策について説明した。同社では、誤送信を防止するシステムの導入を検討する。

(Security NEXT - 2008/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会