Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セール案内メール誤送信で顧客のアドレスを流出 - ハイパーコンセプション

コンピュータや通信機器の販売を展開するハイパーコンセプションは、顧客向けの案内メールを配信した際、誤ってメールアドレス829件が流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、5月27日に配信された顧客向けの特価情報メール。担当者が誤って宛先にメールアドレス829件を記載して配信したことから、受信者本人以外のアドレスも閲覧できる状態となった。

メールを受け取った顧客からの指摘で判明。同社では対象となった顧客に対し報告と謝罪し、今後の対策について説明した。同社では、誤送信を防止するシステムの導入を検討する。

(Security NEXT - 2008/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県