Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング詐欺が増加傾向、ブランド悪用は過去最悪

フィッシング対策協議会は、3月に同協議会へ届けられた国内におけるフィッシング詐欺の状況を取りまとめ、公表した。

フィッシング情報の届け出は、2008年1月に大きく減少したものの、以降再び増加傾向となっており2月の11件から19件に増加した。またフィッシングメールについては、9件から20件と2倍以上となり、過去1年の平均を上回った。

フィッシングサイトについても15件と過去2番目に多い件数で、ブランドが悪用されたケースは、2007年3月と並ぶ8件で過去最悪となった。攻撃の対象となったのは、「ゆうちょ銀行」「イーバンク銀行」「Bank of America」「シティグループ」「PayPal」など金融業が5件。またユーザーアカウントの継続手続きを装った「Yahoo! JAPAN」などオークションが2件、残り1件はISPだった。

(Security NEXT - 2008/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など