Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング詐欺が増加傾向、ブランド悪用は過去最悪

フィッシング対策協議会は、3月に同協議会へ届けられた国内におけるフィッシング詐欺の状況を取りまとめ、公表した。

フィッシング情報の届け出は、2008年1月に大きく減少したものの、以降再び増加傾向となっており2月の11件から19件に増加した。またフィッシングメールについては、9件から20件と2倍以上となり、過去1年の平均を上回った。

フィッシングサイトについても15件と過去2番目に多い件数で、ブランドが悪用されたケースは、2007年3月と並ぶ8件で過去最悪となった。攻撃の対象となったのは、「ゆうちょ銀行」「イーバンク銀行」「Bank of America」「シティグループ」「PayPal」など金融業が5件。またユーザーアカウントの継続手続きを装った「Yahoo! JAPAN」などオークションが2件、残り1件はISPだった。

(Security NEXT - 2008/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大