Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公開された公文書に個人情報が含まれていたことが判明 - 足立区

足立区は、インターネット上で公開している公文書の事案概要に、個人情報が含まれていたことを明らかにした。同市では、全公文書の確認作業を行っている。

5月28日に事案概要として個人情報が公開されていたのを発見されたもので、同区では公文書公開システムの運用を停止した。確認作業を行ったところ、14件の公文書の事案概要に個人情報が含まれていることが判明したという。

同区ではこれを受け、概要に記載のあった関係者へ謝罪。同システム内に保管されている全公文書について、事案件名と事案概要に個人情報が含まれていないかの確認作業を各所管課で進めており、個人情報が見つかった際はウェブサイト上で再度報告するとしている。

(Security NEXT - 2008/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学生自殺問題の報告資料で墨塗り処理にミス - 神戸市
県立体育センターでメール誤送信 - 神奈川県
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
教職員異動情報を公式発表前に誤って公開、SNSでも拡散か - 新潟日報
市民公開講座の案内メールで誤送信 - 東海高中校