Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東海東京証券、個人情報記載書類の紛失が判明 - 1カ月ぶりに回収

東海東京証券は、顧客情報の個人情報が記載された書類を従業員が一時紛失したと発表した。書類は1カ月ぶりに回収されている。

4月25日に多治見支店の従業員が帰宅途中に鞄ごと書類を紛失したもの。5月28日に同社研修センター入口付近で鞄を発見し、個人情報が含まれる書類を紛失していたことに気が付いたという。

一時所在がわからなくなっていた書類には、氏名や住所、電話番号、性別、職業、年齢、顧客コード、預かり資産など373人分の個人情報が記載されており、書類はすべて回収したが情報が漏洩した可能性があるとしている。

不正利用などは報告はないが、同社では個人情報の管理体制が不十分で監督が不徹底だったとし、社内教育や顧客情報管理の徹底など、再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2008/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
県立高校で解答用紙が盗難、教諭が買い物途中に - 埼玉県
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
音楽教室の顧客情報がネット上に流出 - 宮地楽器
学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 東洋大
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
保育所児童の個人情報含む資料が盗難 - 福岡市
持ち出した小学校児童の個人情報が盗難 - 杉並区