Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインショップの顧客情報がネット上で一時閲覧可能に - 千葉ロッテ

千葉ロッテマリーンズは、オンラインショップに会員登録した最大8247人の顧客情報が、インターネット上で一時閲覧可能だったことを明らかにした。

外部からネット経由で閲覧できたのは、グッズなどを販売する同球団オンラインショップにおいて5月28日までに会員登録し、メールマガジン購読を申し込んだ顧客8247人の登録情報。メールアドレスや性別、生年月日、住所の一部などが含まれる。外部からアクセスできる一時保管フォルダに保存されていたという。

問題発覚後、同球団ではデータを削除。情報流出した可能性のある顧客に対し、個別に説明するなど対応を進めている。また、現在システムの再点検を実施しており、終了までオンラインショップの営業を中止する。

(Security NEXT - 2008/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
メール誤送信で居宅介護支援事業所のメアド流出 - 福岡市
案内メールを誤送信、顧客メアド3100件が流出 - スワンフローリスト