Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインショップの顧客情報がネット上で一時閲覧可能に - 千葉ロッテ

千葉ロッテマリーンズは、オンラインショップに会員登録した最大8247人の顧客情報が、インターネット上で一時閲覧可能だったことを明らかにした。

外部からネット経由で閲覧できたのは、グッズなどを販売する同球団オンラインショップにおいて5月28日までに会員登録し、メールマガジン購読を申し込んだ顧客8247人の登録情報。メールアドレスや性別、生年月日、住所の一部などが含まれる。外部からアクセスできる一時保管フォルダに保存されていたという。

問題発覚後、同球団ではデータを削除。情報流出した可能性のある顧客に対し、個別に説明するなど対応を進めている。また、現在システムの再点検を実施しており、終了までオンラインショップの営業を中止する。

(Security NEXT - 2008/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

指定低公害車申請受付の案内メールで誤送信 - 東京都
顧客情報を誤表示、キャッシュ設定ミスで - グリーンスタンプ
会員向けメールで送信ミス - 東京港埠頭
電気工事店宛てメールを誤送信、メアド流出 - 北陸電力
新サイトの案内メールを誤送信、メアドが流出 - PCジャングル
メール送信ミス、競争入札申請業者のメアドが流出 - 水資源機構
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に
メール誤送信で教員採用選考合格者のメアド流出 - 大阪府
職員採用内定者のメアドが流出 - 横浜市立大