Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインショップの顧客情報がネット上で一時閲覧可能に - 千葉ロッテ

千葉ロッテマリーンズは、オンラインショップに会員登録した最大8247人の顧客情報が、インターネット上で一時閲覧可能だったことを明らかにした。

外部からネット経由で閲覧できたのは、グッズなどを販売する同球団オンラインショップにおいて5月28日までに会員登録し、メールマガジン購読を申し込んだ顧客8247人の登録情報。メールアドレスや性別、生年月日、住所の一部などが含まれる。外部からアクセスできる一時保管フォルダに保存されていたという。

問題発覚後、同球団ではデータを削除。情報流出した可能性のある顧客に対し、個別に説明するなど対応を進めている。また、現在システムの再点検を実施しており、終了までオンラインショップの営業を中止する。

(Security NEXT - 2008/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

採用説明会参加者向けメールで送信ミス - 原子力規制庁
分科会委員へのメールで送信ミス - 港区
オーディション結果の連絡メールを送信ミス - 声優事務所
顧客情報含むファイルがアクセス可能な状態に - まつ毛エクステ店
教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大
登録スタッフのメアド流出、メール誤送信で - 人材派遣会社
顧客メアド7676件が流出、システムトラブル原因か - Looopでんき
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
撮影サービスで別の顧客写真が閲覧可能に - 東京ディズニーリゾート
IoTサービスのモニター宛メールで誤送信 - 北電