Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務メールの送信ミスで顧客のアドレスを流出 - 千葉の不動産業者

不動産業を展開する千葉県浦安市のダイニチは、グループ会社にメールを送信する際、誤って顧客119人にアドレスが流出したことを明らかにした。

グループ会社の従業員に対して、5月9日に業務メールを送信した際、ミスが発生したもの。担当者が送信対象を選ぶ際、誤って顧客のアドレス119件も選択してそのまま送信し、アドレスが閲覧できる状態となった。そのうち38件は未着だったという。

同社では対象となる顧客へ謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。また、個人の特定ができる顧客には、電話や文書で謝罪している。

(Security NEXT - 2008/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK