Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、メモリハッキングを遮断するネット取引用ブラウザを開発

韓AhnLabは、銀行や証券会社のオンライントレード利用時に情報漏洩などを防止する「アンラボオンラインセキュリティセキュアブラウザ」を開発した。日本国内では、7月よりサービスを提供する計画だという。

同ソフトは、ブラウザ上でオンライン取引を行う際、メモリ上のデータに対する改ざんといった攻撃から保護するもの。デバッグやリバースエンジニアリング、COMインターフェイス経由の情報漏洩、ウェブサイトの改ざんなどを防止する機能を備えている。

利用にあたっては、銀行や証券会社など、オンラインサービスを提供するウェブサイト側でコードを追加する必要がある。アンラボでは、日本語版や英語版について7月ごろに提供を開始する予定。

(Security NEXT - 2008/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施