Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キャッシュカードを入れ間違えて郵送 - JAいび川

いび川農業協同組合は、キャッシュカードを顧客へ郵送した際、2人のカードを入れ間違えて送ったことを明らかにした。

同組合によれば、小島支店において作成したキャッシュカードを、3月26日に顧客へ簡易書留で郵送した際、誤って2人のカードを入れ間違えて送付。そのため顧客2人の氏名および口座番号が流出したという。

本人からの連絡で問題に気が付き、同組合では関係者に説明、謝罪した。同組合では、キャッシュカード郵送時に複数の職員で確認し、さらに管理者がチェックするなど、再発防止対策を進める。

(Security NEXT - 2008/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明