Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キャッシュカードを入れ間違えて郵送 - JAいび川

いび川農業協同組合は、キャッシュカードを顧客へ郵送した際、2人のカードを入れ間違えて送ったことを明らかにした。

同組合によれば、小島支店において作成したキャッシュカードを、3月26日に顧客へ簡易書留で郵送した際、誤って2人のカードを入れ間違えて送付。そのため顧客2人の氏名および口座番号が流出したという。

本人からの連絡で問題に気が付き、同組合では関係者に説明、謝罪した。同組合では、キャッシュカード郵送時に複数の職員で確認し、さらに管理者がチェックするなど、再発防止対策を進める。

(Security NEXT - 2008/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
クラフト素材の通販サイト「ZOWHOW」に不正アクセス - クレカ情報流出か
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市