Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Vistaへ対応した脆弱性評価ツール「MBSA」の最新版を公開 - MS

マイクロソフトは、コンピュータをスキャンし、セキュリティ状況や脆弱性を評価できる管理者向け無償ツール「Microsoft Baseline Security Analyzer(MBSA)」の最新版を公開している。

「同2.1」は、コンピュータにおいて同社が推奨するセキュリティ対策を実施しているか確認し、対策が誤っていたり、不足する場合にガイダンスを提供する脆弱性評価ツール。

最新版では、Windows VistaやWindows Server 2008との互換性が向上し、64bitをサポート。またユーザーインターフェイスやWindows Embeddedのサポートが強化したほか、Windows Update Agentの最新バージョンが含まれる。

同社では、「Visio Professional 2007」のネットワーク図に「MBSA 2.1」のスキャン結果を表示する「Microsoft Office Visio 2007 Connector for Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) 2.1」についても提供している。

(Security NEXT - 2008/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
NISTフレームワークへ対応したリスク評価サービス - SecureWorks