Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市水道局、個人情報が作業車ごと一時盗難 - キーをつけたまま作業で

大阪市水道局の作業用車両が5月23日に盗難に遭い、住民の個人情報約500件が含まれる図面が一時持ち去られた。26日に盗難当時の状態で回収されている。

作業現場と駐車場所が近かったことから、東部水道工事センターの職員が車にキーをつけたまま調査作業を行っていたところ被害に遭ったもの。姓や給水管の引き込み状況など、浪速区や天王寺区住民の個人情報約500件が含まれる水道管路の図面21枚についても車内に置いてあり一緒に盗まれた。

同市では被害発生を受け、関係者に対して事情説明や謝罪など事故対応を進めていたが、5月26日13時過ぎに同市内住民から車両が放置されているとの連絡があり、作業車両を発見。図面についても盗難当時の状態で回収したという。

同市では、個人情報を扱う業務であることから、職員に対して作業手順の徹底など、十分注意して作業を行うよう再度指導を行い、再発防止に努めたいとしている。

(Security NEXT - 2008/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
調律師が車上荒らしに、顧客情報が盗難 - 河合楽器
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
車上荒らしで顧客情報が盗難被害 - かもめガス
作業中に車上荒らし、顧客情報が盗難 - 大丸エナウィン
災害現場の撮影画像含むデジタルカメラを紛失 - 茅ヶ崎市
ASKA容疑者のドラレコ映像報道でタクシー会社が謝罪
委託先で車両盗難、個人情報や水道メーターが被害に - 川口市
PCに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 自動車ディーラー