Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

監査請求人324人分の個人情報をサイトで公開 - 福岡県岡垣町

福岡県岡垣町は、監査請求を行った住民の個人情報が記載された名簿をインターネット上で公開している。住民から抗議が寄せられる一方、同町は目的外利用ではなく問題ないと主張が食い違っている。

同町食糧費から監査委員の飲食代が支出されたことについて不適切であるとして、2月に住民352人が監査請求書を提出し、その監査結果とともに公表されたもので、監査請求を取り下げた26人や却下された2人を除く324人分の氏名や一部住所が同町サイト上で公表されている。

請求人代表者は、同町個人情報保護条例に抵触する可能性があるとして監査委員へ町報や同町ウェブサイトへ署名者の氏名を記載しないよう抗議文を4月1日に提出。一方監査委員は、請求の公表に利用しており、目的外利用ではなく問題ないとの見解を示した。

(Security NEXT - 2008/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元臨時職員の個人情報不正利用を受け再発防止策 - 中野区
2015年上半期の不正アクセス禁止法違反は116件
情報セキュリティ大学院大、「情報セキュリティ文化賞」受賞者を発表
個人情報保護法と条例のギャップに注意喚起 - JIPDEC
個人情報保護と事故防止に向けた啓発カードを全職員に配布 - 神奈川県
著作権法違反の増加目立った2007年上半期のサイバー犯罪
自治体における個人情報保護条例の制定率100%に - 総務省
個人情報保護条例の制定市町村は99.6% - 総務省
総務省、地方公共団体における個人情報保護条例の制定状況を公表
専門の相談部門設置で架空請求対策を強化 - 東京都