Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホスティングやウェブアプリのセキュリティ診断サービスを提供 - BIGLOBE

NECビッグローブは、「BIGLOBE Webホスティングサービス」の利用企業向けに、ホスティングサービスの安全性を診断する「セキュリティ診断メニュー」を提供開始した。

同サービスは、同社が提供しているホスティングサービスの安全性を診断し、検査報告書を発行する「検査報告書発行サービス」を中心としたセキュリティ診断サービス。

ホスティングサーバのOSや各種設定、パッチの適用状況などから安全性を診断し、検査報告書を発行する。診断は住商情報システムの検査員が第三者の立場から実施する。

また、企業が運営する自社サイトのウェブアプリケーションに対してセキュリティ診断を行う「アプリケーション診断サービス」も同時に提供。ウェブアプリケーションの脆弱性のほか、データベースへの不正アクセスやサイト改ざんなどの危険性について診断する。

両社では今後、BIGLOBE以外のホスティングサービスを利用している企業に対しても、セキュリティ診断サービスを展開する予定。

(Security NEXT - 2008/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら
GDPR対応状況を簡易診断できる無償チェックリスト - KPMGコンサル
NRIセキュア、海外拠点を実地調査するアセスメントサービス