Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ誤配信で受信者のアドレスを流出 - 中小企業基盤整備機構

中小企業基盤整備機構は、メールマガジンを配信した際、誤ってほかの受信者100人のアドレスが表示された状態で送ったことを明らかにした。

誤配信が発生したのは、経済産業省からの受託事業として実施している中心市街地商業等活性化支援業務で配信したメールマガジン「街元気トピックス」。

5月12日配信分で100人に対して誤って受信者全員のアドレスが表示された状態で送信した。対象者へ謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼したという。

同機構では、誤送信を事前に防止するシステムの導入を早急に実施するとしている。

(Security NEXT - 2008/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協