Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

障害の原因は取引ログの拡張における作業ミス - 住友信託銀行

住友信託銀行は、21日に発生したATMやインターネット取引の障害に関して原因を明らかにした。

今回の障害は、21日9時過ぎから約1時間にわたり、ATMやインターネット取引に障害が生じたもので、19日にも同様に障害が発生している。

同社によえrば、今回の障害は、5月18日に実施したシステム変更時の作業ミスが原因で、取引ログを拡張した結果、取引記録をシステムファイルに書き込めない状態が発生したという。

システム障害が連続したことから、同行では社長直轄のプロジェクトチームを発足。今後、システムの管理体制の総点検や再発防止策の実施など対策を進める。

住友信託銀行
http://www.sumitomotrust.co.jp/

(Security NEXT - 2008/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゆうちょ銀行、プログラム適用ミスにより一部ATMで不具合
住信SBIネット銀、勘定系システムで一時障害 - 8日未明に復旧
りそな銀行などのATM取引に不具合 - 一部取引できず
ソフトバンクモバイルの委託先元従業員が逮捕 - 不正プログラムで通信障害発生させた疑い
みずほ銀、システム障害で給与振込などできず - 便乗詐欺も発生
みずほ銀、一時解消したシステム障害が再度発生
みずほ銀行のシステム障害、一部を除き復旧
通信機器の故障で一部取引に障害 - 名古屋銀行
提携ATMやネットバンクで不具合、原因を調査中 - ゆうちょ銀
プロミス、回線不具合によりATMなどで一時取引不能に