Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パケットレベルのネットワーク監視を実現する「WatchPointシステム」

ディアイティは、米WildPackets製ネットワーク統合管理システム「WatchPointシステム」を7月より発売する。

同製品は、「sFlow」や「NetFlow」の統計に加え、「OmniFlow」を分析することによりネットワークの稼働状況をパケットレベルでグラフィカルに表示できる総合管理アプライアンス。ネットワーク管理者からCIOまで利用者の権限に合わせて管理画面を自由にカスタマイズすることができる。

「WatchPoint Web Server」に加え、ネットワークの規模に応じて「NetFlow」のデータを収集する「WatchPoint NetFlow Data Collector」、「sFlow」のデータを収集する「WatchPoint sFlow Data Collector」、「OmniEngine」が取得したパケットレベルの情報を収集する「WatchPoint OmniFlow Data Collector」などアプライアンスを追加することができる。

(Security NEXT - 2008/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量