Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プログラムの設定ミスでポイント残数を誤表示 - ENEOSカード

三菱UFJニコスは、プログラムの設定ミスにより、「ENEOSカード」の利用明細書に印字ミスが発生し、誤ったポイント数が記載されたと発表した。

印字ミスが発生したのは、2008年5月度の利用明細書やウェブ会員向けの利用明細紹介サービス。一部利用者において、獲得した残ポイント数が誤って表示されたという。

同社では関連する会員へ、5月26日以降にポイント数の正誤表を送付し、謝罪する。また誤った情報により、ポイント交換でトラブルが発生することを防止するため、ポイント交換の受け付けを一時停止しており、再開は5月28日ごろとなる予定。

三菱UFJニコス
http://www.nicos.co.jp/

(Security NEXT - 2008/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

月例パッチ起因の「Outlook」不具合、緊急修正プログラム適用でクラッシュのおそれ
月例パッチ適用後、「Outlook」で一部添付ファイルの閲覧に不具合
フォトブック作成サービス「ノハナ」で不具合 - 一部登録者の個人情報が閲覧可能に
福岡県で退職職員のマイナンバーを誤送付 - プログラムの不具合か
会員向けサイトで個人情報を誤表示、システム不具合で - JRA
「Windows Defender」が「Yahoo!ツールバー」を誤検知か - 原因調査中
個人番号カード発行管理システムの障害原因を公表 - 公共団体情報システム機構
プログラムミスで健診受診表1万7000人分に表記ミス - 富山県高岡市
メルマガ配信システムのバグで個人情報流出 - フォントメーカー
マイナンバー通知書の宛名台紙に無関係の文字が印字 - 久留米市