Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスを作成、「Winny」で配布した大学院生に有罪判決 - 京都地裁

大阪電気通信大学の大学院生がウイルスを作成、ファイル共有ソフト「Winny」を通じて配布し、アニメ画像を無断で利用したことによる著作権法違反や友人の個人情報を流出したことによる名誉毀損の罪に問われた裁判で、京都地裁の柴田厚司裁判官は懲役2年、執行猶予3年の判決を言い渡した。

大学院生の男性は、話題性があるとしてテレビアニメ「CLANNAD」の画像を利用してウイルスを作成。ファイル共有ソフト「Winny」ネットワーク上に公開していた。3月に逮捕、起訴された際、大阪電気通信大学は、大学院生に対して無期停学の懲戒処分を行っている。

(Security NEXT - 2008/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
約6.2万人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明に - 関西大
「Share」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕
IDカード作成用の個人情報を海外出張で紛失 - 高エネルギー加速器研究機構
学生の個人情報含むHDDを電車内で紛失 - 東大大学院
患者情報を保存したPCが盗難被害 - 筑波大付属病院
九州地区で情報セキュリティの合同勉強会が開催
早稲田大とNTT、産学連携でセキュリティ人材を育成講座を設置
教員が置き引き被害、学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪市立大
患者の個人情報含むファイルを院生が第三者にメール送信 - 浜松医大