Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインショップにアクセスが集中、一部顧客情報を誤表示 - ヤマハ

ヤマハのオンラインショップにおいて、一部顧客の個人情報が別の顧客の購入画面に誤表示される事故が発生していたことがわかった。流出件数は最大120件とみられている。

同社によれば、5月12日午前10時55分から午後6時45分の間に、新型楽器「TENORI-ON」をオンラインショップ経由で購入申込みした顧客の確認画面に、別の顧客の登録情報を表示したもの。氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど最大120件の顧客情報が流出したが、決済情報は含まれないという。

委託先が開発したシステムのプログラムミスが原因で、同時間帯に多数のアクセスが集中したためデータの処理が正常に行われず、誤表示が発生したとみられている。

同社はオンラインショップを閉鎖して、プログラムの修正や検証を行い、アクセスが集中した場合の負荷対策を講じている。また流出の可能性がある顧客に対し、説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
イベント告知メールで誤送信 -兵庫の託児施設
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
職員のメールアカウントが詐取、メールが外部へ転送 - 富山県立大
顧客情報9.2万件含むサーバに不正アクセス - パーソルキャリア
個人情報含む旧優生保護法関連の資料を公開 - 神奈川県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大