Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長野県教委、個人情報をWinny流出させた教諭を処分 - 「社会的責任は重大」

長野県教育委員会は、個人情報をファイル共有ソフト「Winny」を通じてインターネット上へ漏洩させたとして、小学校教諭の懲戒処分を実施した。

同教諭は、前任校である佐久市立小学校の児童や保護者など個人情報を自宅へ持ち帰り、パソコンへ保存。その後Winnyを利用したことから、今年4月に児童265人や保護者129人の氏名、住所、電話番号、通知表、連絡網などがインターネットへ流出した。

同教委では、ファイル共有ソフトの危険性や個人情報の管理徹底を指導しており、Winnyがインストールされたパソコンでの利用も禁止していたにもかかわらず情報を流出させたとして、社会的責任は重大と指摘。減給10分の1、3カ月の懲戒処分を実施した。

(Security NEXT - 2008/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
市営住宅入居者情報、断り切れずコピー許す - 伊賀市
顧客リストを運搬中に紛失、一部未回収 - 大分瓦斯
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
管理者パスワードを不正利用、人事資料閲覧で職員処分 - 八幡平市
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院