Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長野県教委、個人情報をWinny流出させた教諭を処分 - 「社会的責任は重大」

長野県教育委員会は、個人情報をファイル共有ソフト「Winny」を通じてインターネット上へ漏洩させたとして、小学校教諭の懲戒処分を実施した。

同教諭は、前任校である佐久市立小学校の児童や保護者など個人情報を自宅へ持ち帰り、パソコンへ保存。その後Winnyを利用したことから、今年4月に児童265人や保護者129人の氏名、住所、電話番号、通知表、連絡網などがインターネットへ流出した。

同教委では、ファイル共有ソフトの危険性や個人情報の管理徹底を指導しており、Winnyがインストールされたパソコンでの利用も禁止していたにもかかわらず情報を流出させたとして、社会的責任は重大と指摘。減給10分の1、3カ月の懲戒処分を実施した。

(Security NEXT - 2008/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市
業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
個人情報の不正使用で職員を懲戒処分 - 富里市
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
日本年金機構職員が窃盗容疑で逮捕 - 個人情報を持ち出しで
元行員が大口預金者の個人情報を窃盗などの共犯者に漏洩か - 佐賀銀