Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Share」利用者逮捕も、ノード数に大きな変化見られず - ネットエージェント調べ

5月9日に著作権法違反容疑で、ファイル共有ソフト「Share」の利用者が逮捕されたが、事件後も同ソフトの利用者数に大きな影響が出ていないことが、ネットエージェントの調べでわかった。

同社が独自システムを利用し、5月7日から12日までにShareのノード数を調査したもの。同社ではゴールデンウィークのノード数について調査を実施し、平均約17万ノードが観測されたことを先日発表しているが、事件報道直後の週末となる10日、11日についても、17万ノードが観測されており、大きな変化は見られなかったという。

今回の事件では、匿名性が高いとされるShareのネットワークにおいて、著作物を違法にアップロードしたユーザーが特定され、逮捕されたものの、ダウンロードを目的のユーザーは逮捕されていないことから、同社では、ノード数に直接大きな変化が現れなかったと分析している。

(Security NEXT - 2008/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
「Windows 7」「WS 2008」の移行準備を - 攻撃増加懸念される東京五輪直前にサポート終了
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
MS、10月の月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ攻撃確認済みの脆弱性も
サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用
「Office 2007」サポート終了まで3カ月 - 「Office for Mac 2011」もEOLへ
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合