Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット書店「Fujisan」が改ざん被害、閲覧でウイルス感染のおそれ

富士山マガジンサービスは、同社が運営する雑誌専門のオンライン書店「Fujisan.co.jp」が不正アクセスにより改ざんされたと発表した。

同社ウェブサイトの脆弱性に対してSQLインジェクション攻撃が行われ、2008年5月8日8時ごろにウェブサイトの一部が改ざんされたもの。「www.fujisan.co.jp」のほか、「askul.fujisan.co.jp」「shop.fujisan.co.jp」などでも被害が発生し、同社では同日11時時過ぎにウェブサイトを一時閉鎖した。

改ざんされたページは、不正なスクリプトが埋め込まれており、問題の期間にページを閲覧した場合、悪意あるウェブサイトへ誘導され、トロイの木馬「TROJ_ARTIEF.H」に感染するおそれがあった。今回の不正アクセスによる個人情報の漏洩は、確認されていないという。

同社では、改ざんされたページを閲覧した可能性がある利用者に対して、最新の定義ファイルを適用したウイルス対策ソフトにより、ウイルスのスキャンや駆除を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる