Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

専用ソフトで暗号化や自動保存できるバックアップサービス - 日本ナレッジ

日本ナレッジは、データの暗号化や自動バックアップに対応した「K-IXセキュアバックアップサービス」の提供を開始した。

同サービスは、インターネットを利用し、札幌のデータセンターで顧客のデータを保管するバックアップサービス。サービス提供にあたり、ほくでん情報テクノロジーと共同でシステムを開発した。

専用のバックアップソフトウェアを利用し、ファイルサーバ内のファイルやフォルダを、日単位、週単位など自動的にデータセンターで保存することが可能。保存時にデータは暗号化され、最大200Gバイトまで対応。バックアップは差分のみ転送でき、最大400世代まで保存できる。

(Security NEXT - 2008/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
カスペルスキー、小規模オフィス向けセキュリティ対策製品の新版
NECPF、外食産業のPOS向け「稼働監視サービス」
暗号化などセキュリティ面を強化したバックアップソフト - プロトン
NTTデータ先技、Oracle製品向け一次保守サービスを提供