Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール本文に異なる顧客の会社名と氏名を誤記載して配信 - 日商エレクトロニクス

日商エレクトロニクスは、顧客へ送信したメールの本文に関係ない別の顧客の個人情報を記載して配信したことを明らかにした。原因は配信データ作成ミスだという。

誤配信が発生したのは、イベントへの出展を案内するメール。5月8日に配信した際、一部のメールにおいて受信者と本文内の顧客情報が異なっていたもので、調査した結果、1692件のメールで誤って別の顧客の会社名や氏名が記載されていたことが判明した。

原因は、配信データ作成時の人為的ミスで、作成後の担当者が確認したが、気付かずにそのまま配信したという。同社では関連する顧客に対し、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2008/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
メール誤送信で居宅介護支援事業所のメアド流出 - 福岡市
案内メールを誤送信、顧客メアド3100件が流出 - スワンフローリスト