Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール本文に異なる顧客の会社名と氏名を誤記載して配信 - 日商エレクトロニクス

日商エレクトロニクスは、顧客へ送信したメールの本文に関係ない別の顧客の個人情報を記載して配信したことを明らかにした。原因は配信データ作成ミスだという。

誤配信が発生したのは、イベントへの出展を案内するメール。5月8日に配信した際、一部のメールにおいて受信者と本文内の顧客情報が異なっていたもので、調査した結果、1692件のメールで誤って別の顧客の会社名や氏名が記載されていたことが判明した。

原因は、配信データ作成時の人為的ミスで、作成後の担当者が確認したが、気付かずにそのまま配信したという。同社では関連する顧客に対し、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2008/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト