Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの事前予告、「緊急」3件含む4件のセキュリティパッチを公開予定

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの公開予告を行った。深刻度が「緊急」とされる3件を含む4件を、5月14日より公開する予定。

緊急とされる脆弱性は、Jetデータベースエンジンに関するものや、「Word」「Publisher 」など「Office」の問題を解消するプログラム。いずれの脆弱性もリモートでコードが実行されるおそれがある。

このほか、深刻度が「警告」とされる脆弱性1件に関するプログラムの公開も予定されている。「Windows Live OneCare」や「Antigen」「Windows Defender」「Forefront Security」などにおいてサービス拒否が発生する脆弱性を解消する。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知 - 2008年5月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-may.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
「Samba」に複数の脆弱性、パッチの適用を
脆弱ライブラリ同梱した「Apache Struts」、「Webex」などCisco製品にも影響
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ