Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宅配便の再配達指定を装う迷惑メールが発生 - ヤマト運輸が注意呼びかけ

ヤマト運輸は、同社や「クロネコ」を名乗る迷惑メールが多数発生しているとして注意を呼びかけている。

問題の迷惑メールは、宅配便の誤配達を装い、再配達の時間指定をするよう返信や不正サイトへのURLへのアクセスを誘導するもの。

同社では、依頼主が希望した「お届け予定eメール」や会員向けサービス「クロネコヤマトのWebサービス」など一部サービスを除き、顧客へメールを送信することはないとして、迷惑メールへ誤って返信したりアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS