Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宅配便の再配達指定を装う迷惑メールが発生 - ヤマト運輸が注意呼びかけ

ヤマト運輸は、同社や「クロネコ」を名乗る迷惑メールが多数発生しているとして注意を呼びかけている。

問題の迷惑メールは、宅配便の誤配達を装い、再配達の時間指定をするよう返信や不正サイトへのURLへのアクセスを誘導するもの。

同社では、依頼主が希望した「お届け予定eメール」や会員向けサービス「クロネコヤマトのWebサービス」など一部サービスを除き、顧客へメールを送信することはないとして、迷惑メールへ誤って返信したりアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
アドビ装い「支払い確認できない」とだますメールに注意