Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスプリング、認証アプライアンスサーバの最新版を発売

ネットスプリングは、認証アプライアンスサーバの最新版「AXIOLE Version 1.3」を発売した。

同製品は、あらかじめスキーマが構築されており、手軽に導入することができるLDAPベースのネットワーク認証用アプライアンスサーバ。最新版では、SSL中間CA証明書への対応したほか、LDIFファイルのアップロードによるユーザの一括削除が可能。ユーザーは無償でアップグレードできる。

また別売りの追加オプション「LDAP スキーマオプション」に対応。同オプションを利用することで、固有のスキーマやオブジェクト属性、データを同製品へ追加でき、データの参照や書き込みなどネットワーク内のシステムと連携を実現する。

(Security NEXT - 2008/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション