Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Winny」減少するも「Share」のノード数は増加傾向 - ネットエージェント

ファイル共有ソフト「Winny」の利用者数は減少傾向が進む一方、「Share」の利用者は増加傾向となっていることが、ネットエージェントの調査でわかった。

同社が、4月26日から2008年5月6日まで、「Winny」や「Share」の稼働する端末数「ノード数」について、独自の検知システムを利用して調査を実施したもの。

ゴールデンウィーク中は、「Winny」「Share」あわせて平均46万ノードが稼働しており、「Winny」は平均約29万弱、「Share」は約17万のノードが確認された。いずれも4月27日にピークを迎えており、それぞれ約31万、18万7000ノードに達しているが、従来に比べて期間中における最大値と最小値の差は小さくなっている。

2007年のゴールデンウィークは、「Winny」のノード数が1日あたり53万台を超える日も観測されるなど、利用者の増加傾向が顕著だったが、2007年中盤以降は減少傾向で、ファイル共有ソフト全体の利用者についても同様に減少している。

ただし「Share」については、今回の平均値である約17万ノードは、昨年のゴールデンウィーク期間中の最高値である15万ノードを上回る結果で、平均値としても観測史上最高を記録。移行傾向が現れている。

(Security NEXT - 2008/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
ファイル共有ソフト、いまだに15万人が利用
著作権侵害事件、上半期の摘発は14件 - ACCS
ファイル共有ソフトのユーザー減少傾向続く - 「Winny」は約1万台強に
「Winny」などのファイル共有ソフト、今なお20万人が利用か - ネットエージェント調査
ACCSが2012年下半期の活動状況を報告 - 組織不正コピーの情報提供62件
ファイル共有ソフトのノード数が大幅減 - 改正著作権法の影響か
2012年のウイルス届出件数、14%減 - IPAまとめ
ウイルス対策ソフト導入は9割、一方セキュリティパッチ適用は4割
ACCS、摘発に協力した1年間の著作権侵害事件は83件 - 半数は「Share」関連